子供がプログラミングスクールに通うメリットは大きい!!その理由とは?!

小学校でのプログラミング教育必修化を前に、現在、子供に通わせる習い事としてプログラミングスクールは注目されています。「本当に必要なのか?」「通うメリットは何なのか?」色々疑問に思う方もいると思います。っこでは、プログラミングスクールに通うメリットについてお届けします。

プログラミングスクールの特徴とは?

プログラミングスクールとは、パソコンやタブレットを用いてプログラミング学習を行うスクールを言います。プログラミング学習のカリキュラム内容はスクールによって様々ですが、大体プログラミングの入門クラスでは、 Scratch(スクラッチ)などのコードを使わず学習できるビジュアルプログラミングでの学習が多いです。なので、小さなお子様でも楽しくプログラミングの基礎を学んでいく事ができます。
プログラミングスキルがステップアップした後には、レベルアップしたプログラミングツールを使用したり、プログラミング言語を書いたりする事ができるようになります。プログラミングスクールでは、スクール独自の教材や指導法を行っている教室も沢山あります。多くの実体験を通して、子供にとって最適なスクールを選ぶ事がポイントです。

プログラミングスクールの主なカリキュラム内容とは?

プログラミングの基礎やタイピングからの学習

Scratch(スクラッチ)、プログラミング、簡単なコード使用、これでオリジナルゲームやストーリー制作を行い、プログラミングの基礎を学んでいく事ができます。タイピングも授業カリキュラムの中で教えてくれる所もあり、今までに殆どパソコンに触れた事の無いお子様でも、プログラミングについて一から学んでいけます。

ゲーム・アプリ・WEBコンテンツを開発する

ゲーム・アプリの開発基礎から応用を学ぶ事ができます。自分のオリジナル作品を制作プレゼンする練習になったり、プログラミング言語を使用したWEBサイト制作が学べたりします。「プログラミングの基礎を身に付けてステップアップしたい!」「オリジナルゲームやアプリを作りたい!」と思っているお子様にはお勧めです。

プログラミングスクールで大事にしている事とは?

授業内容

まず、プログラミングスクールでは、スクールに来ている子供本人が楽しめる事を大切にしています。いくら高レベルの内容を学ぶ事ができたとしても、カリキュラムでなければ続きません。小学生向けのプログラミング教室には様々なカリキュラムがあり「パソコンでコードを書く」「ゲーム感覚で学べる」「ロボットを動かす」など、いろんなスタイルで楽しく学べるようになっています。

少人数制

少人数制のメリットには、同じ仲間の生徒と一緒に勉学に励む事ができます。複数の生徒と一緒にプログラミングを学べるので、子供達同士で競争心を身に付けて、お互いに切磋琢磨し合いながら学べる良さがあります。個別指導では指導者と生徒の1対1で学ぶ時間になりますが、少人数制では授業管理も徹底される為、自己管理が苦手な方も勉強しやすい環境と言えます。

総合的料金

プログラミング学習と言うのは、短期間で習得できる内容ではありません。プロのエンジニアであっても継続して学習しています。なので、ある程度プログラミングスクールへ通う事を踏まえます。その上でスクールの月謝に関しては、継続学習していける料金設定のスクール選びも大切です。

子供をプログラミングスクールに通わせるメリットとは?

将来の就職や転職に有利に活かす事ができる

子供の内からプログラミングスクールに通ってメディア慣れしておく事で、将来の就職や転職に学んで得た力を活かして、有利に就職活動を行う事ができます。現代は、まさにテクノロジー化した社会になっており、AI=人口知能やIoT=Internet of Thingsの時代になっています。今後も発展していくテクノロシー化に備えて、AIやIoTを制御する事ができたり動作する事ができたりするプログラマーの需要が高くなると言われています。なので、こうした時代背景からもプログラミングできる人の方が就職に強く有利に働きます。

インターナショナルな人材になれる

プログラミングスクールでは、もちろん技術的な知識を学ぶ事ができるのをはじめ、論理的思考であったり問題解決能力であったり、人間性の部分も学んでいく事ができます。例えば、論理的思考に関して言えば、筋道を立てた物事の考え方を鍛える事ができたり、問題解決能力では、問題の根本的原因を理解して解決に向けた正しい行動を取る力が付いたり、これは世界中の社会が必要としている能力です。なので、プログラミングを学ぶ事は、インターナショナルに通用する人材を育んでいく事に繋がっています。

自分のアイディアを形にしていく力が付く

普段の日常生活の中で私達が使用しているスマホ、アプリ、Webサービスなどは、全てプログラミングで動いています。ITの基盤となっているのがプログラミングなので、自分でプログラミングを行えると、自分のアイディアを形にする事ができます。例えば、ゴミの自動分別や洗濯物が乾いたら取り込んでくれるなど、自分のアイディアで色々なモノを作り出していく事が可能になります。

プログラミングスクールが子供の習い事にお勧めの理由とは?

自分以外の仲間と共に学ぶ環境がモチベーション維持に繫がる

プログラミングスクールでは、自分外にもプログラミングを学びに来ている生徒が沢山います。学習する内容も幾つかのコースがあるので、自分と同じコースの仲間と同じ目的に向かって一緒に学を高めていく事ができます。なので「一緒に頑張る!」「自分も負けない!」など、プログラミング学習のモチベーションを維持しながら、自分に力を身に付けていく事ができます。また、仲間同士でプログラミングの様々情報交換も行われるので、一人で学ぶ独学とはまた違った楽しさを味わいながら学習を深める事もできます。

プログラミングに詳しい指導者から学ぶ事ができる

プログラミングスクールには、プログラミングの知識に詳しい指導者が在籍しています。なので、学校では学ばないような専門的な事についても色々と詳しく教えてくれます。理解できないままに授業は進んでいかないので、分かりやすく丁寧に教えてもらう事ができます。また、自学と違い分からない事はその場で先生に質問していく事ができるので、プログラミング学習を効率良く進める事ができます。

プログラミングの正しい知識を習得できる

プログラミング学習と一言で言っても、学習方法は色々とあります。プログラミングスクールでは、専門の指導者によるプログラミング学習になるので、最も正しくプログラミングを学んでいく事ができます。例えば、自学できるプログラミングの学習ツールや書籍に正しい情報が載っていても、古い情報で学習に活かす事ができない場合もあります。その点、プログラミングスクールでは、最新情報を子供達に向けて届けていける他、誤った情報も直ぐに訂正する事ができます。また、文字を読み学習する際に誤った解釈をしてしまう事もあります。その点も、実際に子供達の目の前で指導者によるお手本を見せる事ができるので、プログラミングを正しく覚えていく事ができます。

まとめ

2020年からプログラミング学習は全国の小学校で必修になります。なので、今後は増々プログラミングスクールに通う子供が増える事が推測されており、プログラミングスクールの需要は高まっています。プログラミングはWebサイトやアプリなどで自学も可能ですが、正しい技術を子供に身に付けたいと思っている場合、プログラミングの専門講師が教えてくれるスクールへ通うのがお勧めです。また、子供のプログラミングを上達にはご両親の協力も大事なので、是非、子供と一緒に学ぶつもりでプログラミング教室に参加してみて下さい。プログラミングに興味を持ち意欲的に学習する事で、学校での授業理解を深める事はもちろん、子供の人間性や将来性にも大きなメリットを得る事に繫がります。